読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間50年…おやじを楽しむ

先日、満50歳を迎えました。鏡を見ると「まーおっさんそのもの」ですね(´;ω;`)。うまく生きれて30年ちょっとくらいかな…これから「興味をもった事」「面白いと思う事」をもっと知ったり、やったりしていこうかな。

責任をもって仕事をしている方々(もちろん、私もちゃんと仕事はしています)を羨ましく思うことは時々あります。

こんばんは。

現在は割と自由な仕事なのですが、何と言いますか『責任がない!』的な仕事ってどうなものかと…たまに考えることがあります。

 

f:id:figo:20161211205558j:plain

あと定年まで10年。再雇用も含めると15年。まー15年後はまだ働けるかもしれませんが...。

50歳…第一線も退いて、あとは『気楽に感?』それとも『ビクビク感?』

どちらかというと『気楽…』の方だと思います。

役職も今はなく(っていうか、大した出世はしていませんでしたが)一般に言う『窓際族』的な感じとは受け止めています。

現在、活躍している方々の多くは『30代~40代前半』で、みんな、ギラギラしています。

もちろん、私もそういう頃があったと思いますが、もう、その感じは忘れました。

 

我ながら、少し寂しい感はあります。

 

ひょっとすると、子供が我社に就職する可能性があります。

次男が25歳になるのですが、我社への採用試験を受けているみたいで、一次試験はパスで、二次試験(面接)待ちです。

もちろん、採用されると決まってはいませんが、人数的には何らかの形で雇用される可能性が高いと思われます。

私の部署はとても人手不足です。

まさか、『一緒に働く?』

何かいろいろと考えてしまします。

 

f:id:figo:20161211215255j:plain

親の威厳って

威厳の『威』は威張っているで、『厳』は厳しい。

つまり、親の威厳=威張っていて厳しい親父ですかね。そのまんまですが。

私、その辺はとてもフラットというか、私にとっては、とてもとても遠い言葉です。

威厳がない親=なめられているっていう話もありますが…(なめられていますね実際)

近い言葉に『尊敬』って言葉がありますが、漢字を比べてみるとえらく違う気がします。

私は『尊敬』という言葉のほうが好きです。

どちらの言葉も『他人からの評価』だと思いますが、『尊敬』のほうがよりわざとらしさがないというか、尊敬されようと思って尊敬されるようなものではない気がします。

 

もし、子供と同じ職場になるようなことになれば、格好とつけずに自然体で結果的に『尊敬』されるようになれば良いなと思います。

 

話はそれましたが、『責任がない』≒『気楽』も一つの人生観。

 

ただ、責任をもって仕事をしている方々(もちろん、私もちゃんと仕事はしています)を羨ましく思うことは時々あります。

 

私だって頑張りたいと。

 

 

 

 

 

1週間でマスター 時事&一般常識の完璧対策 2018年度版 (日経就職シリーズ)

1週間でマスター 時事&一般常識の完璧対策 2018年度版 (日経就職シリーズ)