人間50年…おやじを楽しむ

先日、満50歳を迎えました。鏡を見ると「まーおっさんそのもの」ですね(´;ω;`)。うまく生きれて30年ちょっとくらいかな…これから「興味をもった事」「面白いと思う事」をもっと知ったり、やったりしていこうかな。

「朝型人間」は健康的な生活ができる!実践している7つの事

こんばんは。

「砂糖依存症」の自覚をしてから考えを改め、先日より「甘いものを断つ」を実践していまして、若干ではありますが健康面での改善がなされてきたのではないかと思っています。中でも効果として表われていることが、「良質な睡眠」です。

 

 

f:id:figo:20170606170511p:plain

目次

スポンサードリンク

 

 

私は長年「夜型人間」でした

義父とは車を置かせてもらっているので朝7時に会いますが、そのころには一仕事終えて、朝食も食べ終えて昼寝(朝寝?)しています。

夜は6時には電気が消えていますので、おそらく寝ているのでしょう。
とても健康的です!

それに比べて私の場合はかなりの「夜型人間」でした。

というのも私は寝るのが午前2~3時で起床が午前7時だったのです。

睡眠時間は極端に少ない生活が、彼是、十数年は続いていました。

当然、朝起きるのはとても辛いです。

 

やっぱり寝る時間が遅いですね。
というのも、我が家は夕食が早くて21時くらいなのです。

これは、我が家のシステム上変更は不可能です。

また独身時代は夜型だったのに結婚後は朝方になった知り合いもいます。
同じ人でも生活環境によって変わるみたいです。

近頃「朝活」が流行っているらしい!


"早起きは三文の徳"
私は「朝型人間」なりたいと思う一人です。

 

「朝型」「夜型」の体の仕組みは体温が関係していると言われています

体温は日中上がり続け眠る前に最高になり、そして、体温が下がり始めると眠くなり、そして眼覚める前に最低になります。

朝型の人と夜型の人では体温のピーク時刻がずれているといわれいます。
よって夜型の人は朝型の人に比べ生活リズムがずれた分遅れることになります。

 

「朝型人間」に良いことがたくさんある

やはり一日を早くスタートさせることで多くのことができるが一番ではないでしょうか。
「体調がよくなった」「肌がきれいになった」などの健康的な生活が送れるのです。


ちなみに「夜型人間」の特徴として(傾向としては)は「IQが高い」「クリエイティブな能力が高い」などの傾向があるそうです。
(これはもともとの素質に由来するものなのでしょうか...)

 

「朝型人間」になるため出来そうな7つの事

まずは「朝型人間」のメリットを更に印象付けておく必要があります。

「ダイエット効果」「美白効果」「創傷治癒効果」などの素晴らしい作用があるといわれる「成長ホルモン」が分泌されます。

 

この成長ホルモンが分泌については、睡眠時間帯と深く関係しています。

 

午後10時~午前2時の4時間は睡眠のゴールデン・タイムと呼び、この時間帯にできるだけ多く眠るようにしていると、成長ホルモンが分泌されると言われています。

それと何より「起きるのが辛い!」のは嫌ですね。
すっきりおきたいものです。

 

f:id:figo:20170606214620p:plain

 

1.早く帰る

このことが後のスケジュールに大きく影響を与えます。
逆算して何時に退社しなければならないのかを考えておかなければいけません。
私の場合は、何もなければ7時30分~8時00分には帰宅しています。

 

2.お風呂に浸かる

ここは、シャワーではなく「浸かる」ことが重要と思います。
リラックスすることで良質な睡眠が期待できます。

 

3.テレビをあまり見ないようにする

以前はドラマ関係は週に4~5本は必ず視ていたのですが、最近では視ることは少なくなりました。
視るとしてもニュース番組がほとんどで、それもご飯を食べているときくらいです。
他にすることがたくさんあるので、時間がもったいないです。

 

4.睡眠時間を決める

もちろん、朝は同じ時刻に起床することがベストだとは思いますが、寝る時刻が遅い場合もあると思います。
この場合、起床時刻を一定にするのではなく少し余裕をもっておくことも大事かと思います。
というのも、「自分に合った睡眠時間」をまず見つけることではないかと思います。
私の感覚としては、「5~6時間」くらいではないかと思っています。

 

5.朝起きてからの行動を決めておく

ここは割と重要なポイントとなります。
私の場合ですと、

  • 4時30分→起床
  • 7時00分→朝食
  • 7時45分→出発

となります。

よって、4時30分~7時00分までの2時間30分がその時間となります。

できるだけ有意義なことを充てるようにします。

 

6.少しだけ運動する

今は以前、子供が買って数度しか使用していない「フィットネスバイク」で毎朝5kmだけ運動しています。
ちょっとだけ汗ばむ程度です。30分以内で終わるようにしています。

 

7.朝ごはんを食べる

朝食はこれまでは、摂らないことが多かったのですが、それは時間的に余裕がないことと、単に「起きてすぐは食べれない」からです。
どこの病院に行っても必ず「3食摂る事」と言われます。
食べたほうが良いに決まっているのですね。

 

まとめ

まだ、朝型にシフトしてからそんなに経っていませんが、今までは「夜型人間」というよりは、「夜寝付けない」ということでもあったと思います。
ここ最近では「甘いものを断つ」ことを実践していますので、「寝つきが良い」など睡眠の「質」が向上してきていると感じています。

 また、仕事に関しても「時間を以前より気にする」ようになってきました。

何かと「逆算」するようになってきています。

5時に終わるためには・・・

「なんとなく」という時間が減ってきているのではと感じています。

「無駄な時間が減った」といいますか…

 

規則正しいというか、リズムが良いというか。

 

がんばって続けていきたいと思っています。

 

おしまい

 

 

2017年6月6日 更新